« イタリア研修(2006.0129) | トップページ | イタリア研修(2006.0131) »

イタリア研修(2006.0130)

イタリア研修の二日目が無事終了しました。今は、夜中の2時です・・・。(-_-)゜zzz…
千葉さんは、隣で大きなイビキをかきながら寝ています。(-_-)゜zzz…(-_-)゜zzz 

今日は、ミラノから車で約2時間のロマーニャにある「Montorsi」という、生ハムを作っている工場に行きました。今日と明日は、現地のモンテ物産の社員の方にも同行していただきますので、イタリア語が全く話せない4人組ですが、心強い助っ人の登場で、テンションも最高潮。(^_^)v(^_^)v(^_^)v

「Montorsi」では、サラミを始め、モルタデラソーセージなどを作っていて、ここの商品は、モンテティーナやカナダカンで使わせていただいているのもたくさんあり、とても楽しい工場見学となりました。(^_^)v(^_^)v(^_^)v

とても巨大な工場で、しかも「ISO」も「HASSP」も認定の工場で、衛生管理の徹底や、トレサビリティ等々、あらゆる面でずば抜けて高いレベルで、とても勉強になりましたし、私たちの工場も「ISO」や「HASSP」への挑戦を近年中にしていきたいと強く感じました。(^o^)丿(^o^)丿(^o^)丿

最先端の技術を駆使した工場の中にも、伝統的な製法が守られており、とても勉強になりました。<(_ _)>ペコリ<(_ _)>ペコリ<(_ _)>ペコリ

とても親切に案内していただき、温度管理の徹底で、工場内はかなり寒かったのと、山野井さんの寒いギャグで、凍りつきそうでしたが、内容の濃い工場見学をさせていただくことができました。<(_ _)>ペコリ<(_ _)>ペコリ<(_ _)>ペコリ

その後、「Montorsi」の会社の方々と、近くのリストランテへ移動して、「Montorsi」で作られた商品を使った料理のフルコースをいただきました。味はもちろんのこと、そのボリュームにw(゚O゚)wワオ!w(゚O゚)wワオ!w(゚O゚)wワオ!といった感じでしたが、山野井さんは、ペロリとたいらげていました。(●^o^●)(●^o^●)(●^o^●)

どの料理も、少し、塩辛いと感じましたが、ここの郷土料理はこういった味付けとのことでしたので、ワインが進むくんとなり、ランチ終了後で、私はグロッキー状態となってしましました。(-_-)゜zzz…(-_-)゜zzz…(-_-)゜zzz…

その後、フェラーリミュージアムに移動して、フェラーリを何台も観ました。フェラーリにはあまり興味がなかったのですが、受付のお姉ちゃんがかわいかったので良しとします。<(_ _)>ペコリ<(_ _)>ペコリ<(_ _)>ペコリ

その後、車で約2時間のトスカーナの「SIENA」というところに移動しました。ここはイタリアの伝統的な建物が建ち並び、中世のイタリアといったところで、雰囲気もかなりよくて、また来たくなるところです。朝の散歩はかなりいいみたいなので明日は早起きして、散歩してみようと思います。┌|-.-|┐ヨコヨコ!ヨコヨコ┌|-.-|┐ヨコヨコ!ヨコヨコ

今日は「SIENA」に宿泊予定ですので、約1時間ぐらい散策をして、今日のディナーは、「エノテカ(日本でいう居酒屋のようなところ)で、食事をしました。どの料理も、味も最高、ボリュームも最高で、ランチに引き続き、ディナーでもグロッキー状態となってしまいました・・・。(-_-メ)(-_-メ)(-_-メ) キャンティやカベルネのワインのおいしいのをチョイスしていただき、かなりおいしくいただきました。(●^o^●)

夜の24時まで飲んでいましたが、驚くべきことは、昨日もそうだったのですが、夜遅い時間でも、年輩の(60歳ぐらいの)方々が、夫婦でご飯を食べにきているのには文化の違いを感じることができました。これからの日本も、団塊の世代の方々はああいう感じになっていくのかとも感じましたし、チャーミーグリーンを使って手を繋いで私もああいう感じになりたいと思いました。<(_ _)>ペコリ<(_ _)>ペコリ<(_ _)>ペコリ

明日は、朝からフィレンツェへ移動して、ワイナリーを視察させていただく予定です。明日の昼過ぎまで、現地のモンテ物産の方に同行していただきますので、安心ですが、その後は、また珍道中になると思いますので、これまた、楽しみです(^_^)v(^_^)v(^_^)v

また、明日、報告いたします・・・。<(_ _)>ペコリ<(_ _)>ペコリ<(_ _)>ペコリ (何故か、写真を添付できないので・・・。明日はできるようにします。<(_ _)>ペコリ<(_ _)>ペコリ<(_ _)>ペコリ)

『トイレ掃除の心得』

 トイレ掃除の心得は、思い切って素手で行うことです。しかも両手
 をしっかり使うことです。
 目というのは、非常に臆病にできていますが、手は勇気があります。
 汚い物でも、一度触ってしまえば何ともないものです。
 私は、いまでは、トイレの雑巾で顔の汗を拭いても、何とも思わなく
 なりました。

|

« イタリア研修(2006.0129) | トップページ | イタリア研修(2006.0131) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

充実した、内容の濃い日々を送っておられますね。
お土産話を期待してます。
ブログに欠けないこともあるでしょうから・・・^m^

こりゃ、帰ってきたら、
1回、のまにゃ~いけませんな。
また連絡します。

投稿: ぢかく | 2006年2月 1日 (水) 01時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリア研修(2006.0129) | トップページ | イタリア研修(2006.0131) »