« 元岡社長来広(^_^)v | トップページ | カナダカン(^_^)v »

経営の神様(^_^)v

Dvc00164 昭和の「経営の神様」の松下幸之助、平成の「経営の神様」の稲盛和夫と、私の好きな方々で、本もほとんどを読ませていただいています。<(_ _)>ペコリ<(_ _)>ペコリ<(_ _)>ペコリ

松下幸之助に関しては、毎日、メールマガジンで「今日の一話」も送っていただいており、社内でも「今日の一話」を活用させていただいています。<(_ _)>ペコリ<(_ _)>ペコリ<(_ _)>ペコリ とても勉強になる言葉ばかりですし、私自身の力になることが多いので、とても役立っています。<(_ _)>ペコリ<(_ _)>ペコリ<(_ _)>ペコリ

先日、本屋さんに行った時に、松下幸之助のポケットサイズの新しい本が出ていたので、購入しました。(^_^)v(^_^)v(^_^)v 小さい本なので、毎日、鞄に入れて持ち歩いています。(^_^)v(^_^)v(^_^)v 移動中を始め、時間がある時に、パラパラと目を通せるので、これまた、とても役立っています。<(_ _)>ペコリ<(_ _)>ペコリ<(_ _)>ペコリ 私も少しでも、松下幸之助に近づけるように、日々努力していきたいと思います。<(_ _)>ペコリ<(_ _)>ペコリ<(_ _)>ペコリ (写真は、先日購入した、松下幸之助の本です。(^o^)丿(^o^)丿(^o^)丿)

 『後世の毀誉』

 「当今の毀誉は懼るるに足らず 後世の毀誉は懼る可し
  一身の徳喪は慮るに足らず 子孫の徳慮は慮る可し」
 幕末の儒学者、佐藤一斉の名著『言志四録』の中の一節です。
 現世の毀誉よりも後世の毀誉、わが身の利害よりも子孫へ及ぼす
 影響の善悪を考えよ、という考えです。

|

« 元岡社長来広(^_^)v | トップページ | カナダカン(^_^)v »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 元岡社長来広(^_^)v | トップページ | カナダカン(^_^)v »