« イタリア研修(1日目)(^_^)v | トップページ | イタリア研修(3日目) »

イタリア研修(2日目)

P1000123 モデナでのホテルでは電話回線がうまくいかずにブログの更新ができませんでした・・・。m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m フィレンツェに移動して、ここのホテルではばっちりと電話回線が繋がりましたので、ブログの更新もできます。(^_^)v(^_^)v(^_^)v

朝から雨が降っていました。ミラノからバスで約2時間のモデナ郊外にある、「モントルシ」という生ハムやサラミを作っている工場の視察をしました。ここには、2月にイタリアへ来たときも訪問していて、今回2回目の訪問となりました。(^_^)v(^_^)v(^_^)v

ものすごい設備で、衛生管理の徹底など、とても勉強になりました。井辻食産も早く工場を移転して、「モントルシ」に負けない工場を作りたいと思いました。(^_^)v(^_^)v(^_^)v

今後、モンテティーナなどでも使っていきたいと思った食材もありましたので、バイオーダーになると思いますが、今後に生かしていきたいと思います。

工場の視察後は、近くのリストランテへ移動して、「モントルシ」の商品を使った、フルコースでランチでした。(^_^)v(^_^)v(^_^)v ここのリストランテも、2月に来たときと同じで、生ハムやサラミのオンパレードで、しばらく、ハム類は食べたくなくなりました。(^_^;)

モデナ辺りでは、ランブルスコという、赤のスプマンテを飲むのが習慣で、昨日も、昼からランブルスコを飲みまくってしまいました。 生ハムとランブルスコの相性は抜群で、かなりおいしかったです。 日本では、赤のスプマンテは取り入れられない感じで残念な気がしました。

リストランテで2時間以上かけてランチをした後、モデナ市内のホテルに移動。チェックイン後に、モデナ市内の散策をしました。小さな街でしたが、とてもいい街でした。

ディナーは、20時から、モデナ市内にある、トラットリア・ビアンカというお店に行きました。ランチのハム達とランブルスコでお腹がやられていましたので、ディナーはあまり食が進まなかったのですが、一通りの料理を少しずつ食べることができて良かったです。(^_^)v(^_^)v(^_^)v

20時から24時頃まで、ディナーをしましたので、そのままホテルでグロッキーとなってしまいました。(^_^)v(^_^)v(^_^)v ちなみに、太田胃散が必需品となっています・・・。m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m

明日は、モデナ郊外にある、「メニュー社」という缶詰工場の視察と料理講習会をして、夕方からフィレンツェへ移動の予定です。(^_^)v(^_^)v(^_^)v (写真は赤のスプマンテの「ランブルスコ」です。(^_^)v(^_^)v(^_^)v)

『楽しみはあとに』

 ゆとりは、将来に楽しみがあることから生まれます。
 現代人が昔の人に比べゆとりがないのは、楽しみを
 次から次へと先取りしているからです。
 楽しみを先取りすると、残るのは苦しみだけです。
 イライラして、普通だったら我慢できることが我慢
 できなくなるのです。
 ゆとりのない人は我慢ができません。 鍵山秀三郎

|

« イタリア研修(1日目)(^_^)v | トップページ | イタリア研修(3日目) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリア研修(1日目)(^_^)v | トップページ | イタリア研修(3日目) »