« モンテのランチバイキング(^_^)v | トップページ | カナダカンのクリスマスディナー(^_^)v »

幼なじみと(^_^)v

P1000266 先日、久しぶりに私の幼なじみと一緒に飲みに行きました。(^_^)v(^_^)v(^_^)v 彼とは、幼稚園の頃から仲良しこよしでしたが、小学5年生の頃に引っ越してしまい、その直後はたまに遊びに行ったりしていましたが、中学生以降は、全くといっていい程、音信不通になっていました・・・。(^_^;)(^_^;)(^_^;)

ところが・・・。約2年前くらいに、本当に偶然に出逢う機会があり、それから、たまにですが、飲みに行ったりしています。(^_^)v(^_^)v(^_^)v 彼はすでに社長になっていて、彼にもいろいろな事があると思いますが、本当に話をすることでとても勉強になっています。m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m

幼稚園の頃や小学生の頃と比べると当たり前ですが、とても成長していて大人になっていて、うれしいような、悲しいような・・・。これからも共に成長していきたいと思います。(^_^)v(^_^)v(^_^)v

この幼なじみの彼とは、偶然に再会したりと、たぶん、腐れ縁だと思うので、これからも一緒に広島を盛り上げていくべく、共に頑張っていきたと思っているのでありました。(^_^)v(^_^)v(^_^)v (写真は、熱唱する私の幼なじみのおっさんです。(^_^)v(^_^)v(^_^)v)

『伏せたコップ』

 国民教育学者・森信三先生が次のような意味の言葉を
 遺しています。
 「どんな素晴らしい教えでも、相手が心を開かなければ
 伝わらない。それは、伏せたコップの上から水を注いで
 いるのと同じである。まずコップを上にむけさせることが
 大切だ」
 聞く耳を持たぬ社員にどんないい話をしても、反発を
 買うだけです。教育の原点は、まず相手の心を開かせる
 ことです。 鍵山秀三郎

|

« モンテのランチバイキング(^_^)v | トップページ | カナダカンのクリスマスディナー(^_^)v »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モンテのランチバイキング(^_^)v | トップページ | カナダカンのクリスマスディナー(^_^)v »