« ランメン坊やのアイス(^^)/ | トップページ | クールビズ(^^)/ »

俺は、君のためにこそ、死にに行く。(^^)/

D1010038 上映中の「俺は、君のためにこそ、死にに行く」を、先日、観に行きました。m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m 私自身、右とか左とかは全くないのですが、本当にいろいろと考えさせられる、本当にすばらしい映画でした。m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m 涙涙涙の映画でした。m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m

この映画の舞台となっている、鹿児島の知覧の冨屋食堂へは、今から4年か5年前に訪れたこともあり、その時に、いろいろな話もお伺いさせていただいていたので、今回のこの映画は、とても身近に感じられたというか、本当に大切な映画でした。m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m

最近、いろいろなことが起きている世の中ですが、この映画を観れば、今、失いかけている大切な何かが見つかるような気がするような気がするような気がします。m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m

たぶん、まだ上映されていると思うので、この映画はお勧めですし、観ておかないといけない映画だと思いますので、観に行ってみてください。m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m きっと大切な何かが見つかると思います。m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m (写真は、「俺は、君のためにこそ、死にに行く」のポスターです。m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m)

『枠を使い尽くさない』

 与えられた枠は、使い尽くさないように気をつけています。
 たとえば、約束の時間十分前に行く。借りたお金は約束日
 前日に返す。いただいた面談時間五分前に用件をすませ、
 退席する。一千万円の借入枠があったら、八百万円に
 とどめる。
 いつもこのようなことを心がけていますと、ますます自分に
 与えられる枠が広がってくるようになります。 鍵山秀三郎

|

« ランメン坊やのアイス(^^)/ | トップページ | クールビズ(^^)/ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も見に行きました。感動と感謝をしました。
今あるのも彼らのおかげです。感謝
どうしても、残したい映画です。

投稿: 難波 則雄 | 2007年6月 2日 (土) 11時40分

戦争を考えるために、小林よしのり著『戦争論』を読んでみてほしい。
ここが考えるスタートだと思う。

投稿: 田中 | 2007年6月 9日 (土) 01時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ランメン坊やのアイス(^^)/ | トップページ | クールビズ(^^)/ »